ターンオーバーを促進させるにはどうしたらよい?

ターンオーバーは基本的に年齢を重ねるにつれて乱れが生じていきます。周期は通常28日と言われていますが、加齢とともにそれが延びていくようになり、40代になると40日以上、50代になると50日以上になると言います。

ターンオーバーが乱れてしまうと新しい肌が作られにくくなり古い肌との入れ替わりがスムーズに行かなくなる

それだけ新しい肌が作られにくくなり、古い肌との入れ替わりがスムーズに行かなくなるので肌のハリやバリア機能などか失われていくのです。

 

ではこの乱れてしまったターンオーバーを促進するにはどうすればいいのでしょうか?老化が最大の原因なのですが、まずは老化対策をしっかり行っていくことが大事です。

 

角質細胞を老化させる活性酸素を防ぐため抗酸化成分を日々のスキンケアの中でうまく補っていきましょう。この基本となるエイジングケアでできるだけターンオーバーの乱れを防いでいくことがすべての土台です。

 

ただすでにターンオーバーに遅れが生じて角質が蓄積してしまっている場合には老化対策だけでは十分な効果が得られない場合もあります。本来ならターンオーバーの過程で排出されるはずの古い角質が蓄積しているとくすみの原因となるほか、メラニン色素が沈着を起こしやすくなることでシミの原因にもなります。

ターンオーバーの促進のためにピーリングや酵素洗顔などで古い角質を落とすことも肝心

ですからこの古くなった角質を除去しないとターンオーバーの促進がままならなくなってしまうのです。これには洗顔環境の工夫が必要で、ピーリング化粧品や酵素洗顔などで蓄積した古い角質を除去していく対策を取り入れていきましょう。

 

ピーリング化粧品は古い角質を除去するとともにターンオーバーを促す働きもあるので一石二鳥です。

 

ただ肌への刺激も強いので現在の自分の肌質で使っても大丈夫なのかどうかよく見極め、また適切な頻度で肌に負担をかけない範囲で賢く行っていくことが大事です。酵素洗顔は皮脂を溶かしながら除去できるのメリットがあります。

 

老化によって低下した皮膚細胞を活性化することもターンオーバーを促すよい方法です。近年ではこれをエイジングケア効果に取り入れた化粧品も増えています。

 

プラセンタエキスやEGFといった成分が有効なので抗酸化成分とともに毎日のスキンケアにうまく取り入れていくとよいでしょう。

 

ただこうしたスキンケアで行う対策だけでなく生活習慣の中で行っていく対策も欠かせません。

 

とくに睡眠環境はターンオーバーと直結する非常に重要な部分、人間の体は就寝中にもっともターンオーバーが活性化されるため、質の高い睡眠がとれるかどうかが大きく左右します。ストレスや不規則な生活で睡眠障害に陥ってしまっている方はまず睡眠環境を改善するところからはじめましょう。

 

また就寝前のカフェイン、脳を刺激するパソコンやスマホなども避けるようにしましょう。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!