無理に隠そうとしない!50代ならではのメイクのポイントって?

50代のメイクのポイントは「無理に隠そうとしない」ことです。現実的に考えても50代の段階でシワやシミといったトラブルをメイクですべてカバーするのは不可能です。

厚塗りは避け、適度なカバー力と落としやすさのバランスを心がけてメイクを

あまり神経質に「シワがバレないようしっかり隠そう」と意識しすぎてメイクをしてしまうと厚塗りになってしまいかえって不自然で目立ってしまいます。あくまでできる範囲でカバーすること、そのカバーできる範囲内で自然に仕上げることが50代のメイクをうまく行っていくうえでのポイントです。

 

ですからナチュラルな感覚を最優先にメイクを行っていきましょう。そのためにもファンデーションの厚塗りは厳禁、それを防ぐには化粧下地に活躍してもらうのが一番です。

 

メイクの下準備として使用する化粧下地はファンデーションのノリをよくしてくれるうえに化粧崩れを防ぐのにも役立ちます。しかもそれだけでなくカバー力を高める働きもあるので厚塗りを避けながらシミや毛穴を目立たなくさせていくことができます。

 

現在では目的別に開発されたさまざまな化粧下地が販売されています。カバー力をアップさせる働きを備えた製品を使ってみましょう。

 

一方ファンデーションはあまりカバー力ばかりを意識して選ばないことが大事です。リキッドファンデーションなどカバー力に優れたファンデーションは密着度も高く、クレンジングで落とす際に苦労します。

 

洗浄力が強いオイルクレンジングで一生懸命擦らないと落とせないような製品は50代には向かないので適度なカバー力と落としやすさのバランスを心がけて選びましょう。

メイクの際は立体感を意識し、顔の高いところから低い所へ向かって塗ると自然な仕上がりに

塗る際には全体に立体感をもたらす感覚で使っていきましょう。どうしても50代になるとハリや弾力が失われていくことから顔全体が平べったく見えるようになります。メイクで立体感を演出することでそんな問題をうまく改善していくことができます。

 

ポイントは顔の中心、つまり高いところから低い顔の外側に向かって塗っていくことです。適度なグラデーションをつけながらなだらかな高低差がつけられます。輪郭の部分が濃くなる不自然なメイクになってしまうことも避けられます。

 

また目尻やほうれい線などたるみが気になる部分はしたから斜め上へ向かって引き上げる感覚でファンデーションを塗っていきましょう。シワを伸ばしながら塗っていくことで塗りムラを防ぎ、シワを目立たなくさせていくことができます。

 

そしてファンデーションをしっかりと密着させるためにもスポンジで軽く押し付ける形でなじませていきます。これがしっかりできていないと時間の経過とともに浮かび上がったり、化粧崩れを起こしやすくなってしまいます。

 

こうした基本的なポイントを踏まえたうえで無理に隠さず、それでいてさりげなくトラブルを目立たなくさせる賢いメイクを行っていきましょう。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!