化粧品はやっぱりライン使いするべき?

化粧水、美容液、乳液、クリーム…化粧品をひと通り揃えていく場合にはライン使いをするか、こだわらずに揃えるかの選択肢があります。

ライン使いのメリットはトータルなコンセプトでケアできることや成分の相乗効果が期待できること

オールインワンを使う場合を除くとこのライン使いをするかどうかが化粧品選びにおいてとても大きな意味を持ってくるわけです。

 

ライン使いのメリットはトータルなコンセプトのもとでスキンケアを行っていける点です。販売元のメーカーは目的・コンセプトを設けたうえでシリーズ化しており、それぞれのアイテムに必要な有効成分や処方を配合しています。

 

そのためそれぞれ関連付けて開発することで相乗効果を引き出すことを目的としていることも多く、単品で使用するよりも高い効果が期待できます。

 

ラインやメーカーを気にすることなく製品を選ぶと製品ごとの相性がよくない場合もあります。たとえば化粧水で補った有効成分が美容液で補った有効成分で打ち消されてしまう場合など。

 

また有効成分は補えば補うほどよいというわけでは必ずしもありませんから、美容液とクリームで同じ成分が配合されていると過剰に摂取しすぎてムダになってしまったり、かえって肌に負担をかけてしまう恐れも出てきます。

 

ライン使いならライン使いをしたときに最終的にどの成分をどれだけ補うことになるのか、成分同士の相性はどうなのかといった点を考慮して作られているので無駄がありません。

デメリットとしては選択肢が狭まり、一つの製品を変えるだけでライン使いのコンセプトが失われる点

こうしてみてもライン使いはメリットが大きいように思えます。とくに年齢肌で乾燥やバリア機能の低下が進んでいる場合には単品だけのケアではカバーしきれないことが多く、ライン使いの相乗効果のメリットが得やすい傾向が見られます。

 

また肌への刺激・負担も気になりますから、ライン使いはエイジングケアにおいてとくに魅力的な選択肢と言えるでしょう。

 

ただメリットだけでなくデメリットもあります。最大のデメリットは選択肢が狭くなることでしょう。事実上のそのラインの製品からしか選べなくなってしまいますから、少々高価でも買わなければなりません。

 

またもし化粧水だけどうも自分に合わない、クリームがベタつくといった不満を感じたときもそれだけ切り替えるというのがなかなかできません。ひとつ他のメーカーの製品に切り替えるだけでライン使いの前提が壊れてしまうため、不満を抱えたまま使い続ける、なんてことも考えられるのです。

 

ですから自分にピッタリ合う、満足できる状態でライン使いができるかどうかがポイントです。ライン使いかいい、というよりもよいライン使いができるシリーズを見つけられるといい、といったところでしょうか。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!潤いとハリを同時に実感できる最も売れているオールインワン
初回限定3,800円→3,500円・税別/定期初回3,800円→1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

たかの友梨 エステファクト オールインワンジェル10EX

50代オールイワンたかの友梨

10秒でうるぷる肌!90分で3万個完売した伝説のオールインワンジェル
5,000円→3,580円・税込 ※初回限定特別価格キャンペーン中!
>>公式HPで詳しく見てみる!

Considermal(コンシダーマル)

コンシダーマル


50代に必要なのは浸透力!圧倒的な浸透力を実現したオールインワン
4,536円・税込/定期初回2,268円(2回目以降20%OFF)・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

一般合成ゲルの浸透力2倍!国産馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!