若いときと肌質が変わった…と感じたらどうすればいい?

乾燥肌、脂性肌、敏感肌…いろいろな肌質があり十人十色といった感じですが、この肌質は生まれつきのものだけでなく、後天的な部分もあります。

加齢の影響で肌質が変化することが多く、特に乾燥肌へ変化するケースが多数

むしろ現代社会では後天的な理由で肌質が決まる部分が多いと言われており、日々のスキンケアが重要になっています。

 

そんな後天的に決まる肌質には年齢も深く関わっています。加齢の影響で肌質が変化していくことも多く、とくに若い頃には皮脂の分泌量が多くオイリーな状態だった方が40代、50代になると乾燥肌に変化するというケースがよく見られます。

 

では若いときと肌質が変わったという場合にはどうすればいいのでしょうか?これはどう肌質が変化したかによっても異なります。

 

よい肌質から悪い肌質になってしまった場合にはできるだけよい状態に戻すケアが必要ですし、逆に悪い肌質からよい肌質になった場合にはそれを維持しつつ適切なケア環境を整えていくことになります。

 

年齢を重ねてよい肌質に変化することは少ないですが、極端な脂性肌で悩んでいた方が皮脂の分泌量が減少したことでそれが収まるといったケースも考えられます。

肌質がどのように、何が原因で変わったのかをできるだけ把握するのが大事

そのため肌質が変わったと感じた場合には具体的にどう変わったのか、そして何が原因で変わったのかをできるだけ確認しておきましょう。加齢によって肌質が変化するパターンでもっとも多いのは加齢による保湿成分の減少がもたらす乾燥です。

 

その場合にはスキンケアで保湿成分を補うことで変化を和らげ、元の状態に戻していくこともできます。

 

逆に皮脂の分泌量が増えて脂性肌になったという場合にはストレスや食生活の問題が潜んでいる可能性が高いのでスキンケアだけでなく生活習慣全般の見直しが求められます。

 

また、若い頃と同じスキンケアが変化を加速させてしまっているケースもあるので気をつけましょう。乾燥と一緒にバリア機能が低下するとスキンケアでダメージを受けやすくなります。

 

そこにまだバリア機能がしっかり機能していた若い頃と同じスキンケアを続けているとますます乾燥が進行し、肌にダメージが蓄積してトラブルを抱えやすくなっていきます。ですから肌質が変わったと感じたら改善するだけでなく、その変わった肌質に合ったスキンケアへと切り替えていくことも大事なのです。

 

基本的にはより低刺激で負担をかけないケアへの切り替えが求められます。クレンジングの負担を減らすためにメイクを少し薄めにするといった工夫も必要でしょう。

 

多かれ少なかれ誰もが途中で肌質を変化させると言います。50代はとくにその変化が見られやすいため、ケースバイケース、つねに肌の変化を確認しながらスキンケア環境を調節していく工夫も取り入れたいところです。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン モイスチャージェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!潤いとハリを同時に実感できる最も売れているオールインワン
初回限定3,800円→3,500円・税別/定期初回3,800円→1,900円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

たかの友梨 エステファクト オールインワンジェル10EX

50代オールイワンたかの友梨

10秒でうるぷる肌!90分で3万個完売した伝説のオールインワンジェル
5,000円→3,580円・税込 ※初回限定特別価格キャンペーン中!
>>公式HPで詳しく見てみる!

Considermal(コンシダーマル)

コンシダーマル


50代に必要なのは浸透力!圧倒的な浸透力を実現したオールインワン
4,536円・税込/定期初回2,268円(2回目以降20%OFF)・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

一般合成ゲルの浸透力2倍!国産馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!