50代のくすみ対策はどのように行えばいいのでしょうか?

くすみに悩まされている場合にはまずどんなタイプのくすみなのかを確認しておきましょう。50代になると肌だけでなく体の内面の衰えが肌環境に影響を及ぼすことも多くなりますが、くすみにもそうした内面に要因が関わっている可能性があるからです。

50代のくすみ対策は角質を除去しターンオーバーを活性化させること

50代のスキンケアQ&A

ターンオーバーの乱れによって角質が蓄積し、そこにメラニン色素が沈着を起こしてしまうことで起こるくすみがもっとも多いケースです。

 

全体の透明感が失われて茶褐色になり、肌がガサガサと硬くなっている場合にはこのタイプのくすみです。加齢とともによく見られる症状でターンオーバーの乱れと紫外線のダメージが大きな要因です。

 

ですから対策方法としてはピーリングなどで蓄積した角質を除去しターンオーバーを活性化させることが第一です。ピーリング化粧品は刺激が強いので無理せずあくまで自分の肌に合った製品で行うようにしましょう。

 

角質を除去するなら溶かしながら洗っていける酵素洗顔、ターンオーバーを促すなら皮膚細胞を活性化させるプラセンタエキス、EGFといった成分を補うのもよい方法です。そのうえで紫外線対策、美白対策も忘れないようにしましょう。

 

難しいのは血行不良がもたらすくすみです。目の下のくまと一緒にできることが多く、黒ずんだ状態になります。これは皮膚ではなく血液の流れが滞ることで生じるくすみのため、スキンケアだけでは十分なケアができません。老化が進むと血管の柔軟性が失われたり、ホルモンバランスが乱れやすくなるといった理由で血行が滞りやすくなります。

 

その結果血液中の酸素が減り、その酸素と結びついて赤い色になるヘモグロビンが青黒くなってしまうことでそれが皮膚を透かして表面に見えてしまうのです。

 

食生活の改善、ストレス対策も含めたホルモンバランスの調節、マッサージによる血行改善といった生活習慣での改善をうまく取り入れていきましょう。洗顔やメイクの際にマッサージを取り入れる方法もあります。

50代の糖化によるくすみにはエイジングケアや糖分の過剰摂取は控えること

50代のスキンケアQ&A

もうひとつ50代が注意したいくすみが糖化くすみと呼ばれるものです。これは体内の余分な糖分がたんぱく質(コラーゲンなど)と結びついてAGEと呼ばれる黄褐色をした物質に変化するのが原因で、このAGEが蓄積し皮膚を透かして見えるようになることで黄色いくすみになっていきます。

 

これは老化とともに起こりやすくなるうえに一度できてしまったAGEは解消するのが難しいため、日ごろからエイジングケアを心がけること、糖分の過剰摂取を控えることなど予防が大事なポイントとなってきます。

 

50代はこれらすべてのくすみが起こる可能性がありますから、まず予防に努めつつ、必要な改善策を取り入れていくようにしましょう。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!