50代の毛穴対策はどのように行えばいいのでしょうか?

毛穴の開きは加齢がもたらす大きな肌の悩みのひとつです。40代から気になり始めることが多く、50代になると毛穴を巡るトラブルが多く見られるようになっていきます。

50代の毛穴対策ではまずたるみケアをしっかり行うこと

50代のスキンケアQ&A

50代の毛穴の悩みはまず開いて目立つようになってしまうことです。若い頃は毛穴が目立たないきめ細かな肌をしていた方も年齢を重ねるにつれて毛穴が開き、目立つようになることで若々しさが失われていきます。この毛穴の開きはたるみと直接関わっており、肌がたるんでいくに従って毛穴が縦長に開いていきます。

 

また、毛穴の黒ずみが見られる場合もあります。肌の乾燥や弾力の低下が進むと毛穴の柔軟性が失われ硬くなっていくことで毛穴が詰まりやすくなっていきます。毛穴が硬い状態なので洗顔でもなかなか毛穴の詰まりを除去することができずそれが角栓となって酸化していくことで黒ずんでいきます。

 

さらには雑菌のエサになって炎症を起こしてしまうことも。これは脂性肌の方だけでなく、乾燥肌にも起こることがあるので要注意です。

 

ですから毛穴対策としてはまずたるみ対策をしっかり行っていくことが第一です。

 

抗酸化成分による老化予防をスキンケアの中で取り入れていきましょう

 

また真皮層で肌を支えているコラーゲンをうまく補っていくこともたるみ対策の重要な点です。コラーゲンを直接補うのではなく、この成分を作っている繊維芽細胞を刺激して生成を促すビタミンC誘導体やレチノールといった成分をスキンケアで補っていくとよいでしょう。

 

あとは表情筋を鍛えるトレーニングなどもおススメです。とくに頬のたるみやほうれい線が気になっている方は表情筋の衰えによるたるみが進行している可能性が高いので積極的にトレーニングを取り入れていきましょう。

保湿対策し毛穴の詰まりを解消する洗顔も重要

50代のスキンケアQ&A

それから毛穴の柔軟性を改善し、毛穴を引き締めるためにも保湿対策が欠かせません。

 

これはエイジングケアの基本なのでここで改めて指摘するほどではないのかもしれせんが、自分の肌の状態に対して現在の保湿対策が十分なのかどうか、一度見直してみるとよいでしょう。

 

そして毛穴の詰まりを解消するための洗顔

 

保湿で毛穴の柔軟性を改善したうえで毛穴の奥に詰まった汚れをしっかり落とす。そのためには泡立ちがよく適度な洗浄力を備え、粒子が細かい洗顔料がおススメです。泡が毛穴の奥にまで入り込んで汚れを除去することができますし、過剰な洗浄力で肌を傷めてしまうこともありません。

 

この洗顔料選びも毛穴対策の一環として見直してみるようにしましょう。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!