50代のシワ対策はどのように行えばいいのでしょうか?

50代にとって一番の肌の悩みはシワでしょう。40代から増えていくシワは50代になると顔中にできるようになっていくため、一気に老けた印象に見られてしまうようになります。

50代の乾燥ジワはとにかく保湿対策をしっかり行うことが大切

50代のスキンケアQ&A

50代でシワひとつない若々しいツヤのある肌というのはちょっと難しいですが、対策次第でシワを目立たなくしていくことも十分可能です。それだけにシワの状態に合わせて適切なケアを日々の対策の中で行っていきましょう。

 

まず自分のシワがどんなタイプなのかを見ていきます。シワには大きく分けて乾燥ジワと呼ばれるタイプと真皮ジワと呼ばれるタイプがあります。前者は浅く細かなシワがたくさんできるのが特徴、後者は深く目立つしわが数本刻まれるのが特徴です。

 

50代になるとどちらもできてしまうことも多いのですが、顔のどの部分にどちらのタイプのシワが見られるかで対策方法も違ってきます

 

乾燥ジワとはその名前の通り乾燥によって生じるシワです。

 

角質層から保湿成分が失われ、皮脂の分泌量が失われていくことで肌がどんどん乾燥すると表面がカサカサになっていきます。加えてハリも失われていくことで皮膚が縮むような形で細かいシワができていくのです。目元・口元など乾燥しやすいところにできやすいのも特徴です。

 

そのためこの乾燥ジワの対策ではとにかく保湿をしっかり行っていくことが第一です。保湿成分をしっかり補うのはもちろん、表面のカサカサを改善するためにも油分をうまく補っていきましょう。セラミド配合の乳液・クリームがおススメです。

50代の真皮ジワはコラーゲンとエラスチンを補うこと

50代のスキンケアQ&A

もうひとつの真皮ジワは真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンが失われることで肌のハリが失われてたるみが生じることで見られるようになるシワです。

 

目元やほうれい線など表情を作ったときにできるシワがそのまま刻まれてしまうのが大きな特徴で、ハリがある状態なら肌がしっかり支えられて表情を引っ込めればなくなるシワが支えきれなくなることでそのまま残ってしまうようになるのです。

 

この対策では真皮層で不足するようになったコラーゲンとエラスチンを補うのが第一です。スキンケア製品でそのまま補っても真皮層にまでは届かないため体内での生成を補うのが一番と言われています。ビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシン、FGFなどコラーゲンとエラスチンを作っている繊維芽細胞の働きを活性化させる成分を毎日のスキンケアでうまく補っていきましょう。

 

これらの対策はエイジングケアの基本といってもよいものです。しっかりと必要な対策を行っていくとともにマッサージや表情筋トレーニングなどの対策も加えつつ自分にとってよいシワ対策の環境を整えていきたいところです。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!