50代の脂性肌の原因とはどんなことなのでしょうか?またどのようにケアを行えばよいのでしょうか?

50代の肌はもともと乾燥しやすい環境にあり、脂性肌に悩まされるケースは限られています。ただそれだけに油っぽい状態に悩まされている方は有効な対策が難しく、いろいろと悩まされることが多いようです。ターンオーバーが低下していることもあって皮脂の分泌量が多いと毛穴が詰まりやすく、ニキビや炎症に悩まされてしまうことも少なくありません。

50代の脂性肌はホルモンやストレスなどの影響も大きい

50代のスキンケアQ&A

どうして乾燥しやすい50代で脂性肌になるのでしょうか?

 

まず生まれつき皮脂の分泌量が多い点が挙げられます。年齢を重ねると基本的には皮脂の分泌量は減少していくものですが、もともと多い人はその減少もあまり進まず多いまま50代を迎えることもあるのです。

 

また50代は更年期という大きな転機がありますが、その時期に更年期障害の症状があまり出なかった場合にも脂性肌になることがあります。更年期に見られるエストロゲンの減少が肌を乾燥させる要因にもなるのですが、その減少が緩やかだったのであまり影響が出なかったためです。

 

このホルモンの影響も大きなポイントです。50代になるとエストロゲンの減少によって乾燥しやすくなるわけですが、逆にストレスや体の衰えの影響で皮脂が分泌することがあります

 

ホルモンバランスの乱れや男性ホルモンの分泌量の増加によるもので、とくにストレスが脂性肌をもたらす大きな要因となることが多いので注意が必要です。

 

この年代は将来に対して漠然とした不安を抱えることも多く、また家庭環境の悩みを抱えやすい傾向も見られます。「なんとなくストレスを感じている」状態を長く続けているとその蓄積の影響で皮脂の分泌量が増加し脂性肌になってしまうことも考えられます。

脂性肌はスキンケアだけではなく生活習慣の見直しも大切

50代のスキンケアQ&A

もうひとつ、加齢によって毛穴が開いた状態になると皮脂が表面に出やすくなることで脂性肌が進行していくケースも考えられます。先述したストレスなどの影響で皮脂の分泌量が増えているところに毛穴の開きが重なることでどんどん表皮に皮脂が出てくるようになり、つねに油っぽい状態になってしまうのです。

 

50代の脂性肌対策ではこうした原因をひとつひとつ改善していくことが大事です。

 

ポイントはホルモンの影響が大きい点、ですからスキンケアだけに留まらない生活習慣にまで踏み込んだケアが必要です。

 

ストレス解消を心がける、睡眠環境を改善する、糖分・油分が多い食事を改めるなど。ホルモン環境を悪化させてしまっている可能性がある習慣がないかどうか見直しましょう。

 

そのうえでエイジングケアで毛穴の開きを改善していけば脂性肌を少しずつ改善していくことができるはずです。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!