50代の乾燥肌の原因とはどんなことなのでしょうか?またどのようにケアを行えばよいのでしょうか?

50代の肌が抱えやすい大きな悩みのひとつが乾燥です。もともと若い頃から乾燥肌だった方だけでなく、加齢の影響で乾燥が進んでいくことが多く、その対策が求められます。逆に言えば生まれつきの肌質ではなく後天的に乾燥が進んでいく以上、日ごろのスキンケアで改善していくこともできる、ともいえます。

50代は肌の内部も表面も水分を抱え込めなくなり乾燥肌に・・

50代のスキンケアQ&A

そんな50代の乾燥肌の最大の原因は老化による保湿成分の減少です。

 

角質層内で水分を抱え込んでいるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分は30歳前後くらいから減少をはじめ、50代になると20代の頃の半分よりずっと少ないレベルにまで少なくなってしまいます。その結果水分を抱え込むことができず補ってもどんどん蒸発して失われてしまう状態になってしまうのです。

 

さらに皮脂の分泌量の減少も乾燥をもたらす重大な要因です。

 

皮脂分泌が少なくなればニキビのリスクも少なくなってよいのではとも思えますが、皮脂膜を形成して肌を保護し水分を保つという皮脂本来の役割を果たすことができなくなってしまうことで肌環境の悪化にも結びつきます。皮脂膜で表皮を油分でフタをしているような状態が失われた結果、スキンケア製品で水分や有効成分を補ってもすぐに蒸発してしまう状況になってしまうのです。

 

つまり加齢は肌の内部、角質層と外の表皮の両方で水分を抱え込む環境を損ねてしまうのです。

 

厄介なのは乾燥が老化そのものを進行させてしまうことです。

 

角質層から保湿成分が失われると角質細胞が整然に並んでいる構造にも乱れが生じ、バリア機能も低下していきます。構造が乱れて角質細胞の並びがバラバラになってしまうとその隙間から水分が蒸発していくとともに外部からの刺激が奥深くにまで入り込んでいくからです。

 

そしてバリア機能が低下すると刺激を受けやすくなり、活性酸素の生成量が増加して細胞の老化が進んでいきます。そして老化が進めばますます保湿成分と皮脂が減っていく…この悪循環も50代の肌の厄介な点です。

保湿成分と併せて乳液やクリームで油分を補うことも大切

50代のスキンケアQ&A

ですからケアはこうした原因をいかに解消していくかがポイントです。

 

まずは保湿成分をしっかり補っていくのだ第一ですが合わせて乳液・クリームで適度な油分を補うのも忘れないようにしましょう。表面に油分のフタをすることで補った保湿成分の効果を長持ちさせることができます。

 

それから老化を防ぐためのエイジングケアと紫外線対策。ビタミンC誘導体やビタミンE、コエンザイムQ10といった抗酸化成分で乾燥をもらたす老化そのものを防ぐこと、そして肌の老化の最大の原因になる紫外線を日焼け止めなどでうまくカットすること。

 

この2つも50代の乾燥肌を改善していくうえで欠かせないポイントとなるのでうまく取り入れていくようにしましょう。

50代で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代で使ってみたいオールインワン化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

3500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたしわ・たるみに!1滴の水も加えないオールインワン美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

パーフェクトワン モイスチャージェル

@コスメでも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>キレイ・デボーテ プラセンタジュレの公式HPで詳しく見てみる!